1. TOP
  2. ソフトバンク光
  3. 「スマート値引き」が「おうち割」に名称変更。その真意は!?ソフトバンク光

「スマート値引き」が「おうち割」に名称変更。その真意は!?ソフトバンク光

 2016/02/01 ソフトバンク光
この記事は約 5 分で読めます。

2016年1月28日(木)より、ソフトバンク光で人気の割引サービス「スマート値引き」の名称が変更になりました。

新しい名称は「おうち割」で、キャンペーン内容や割引金額の内容に変更はない、とのことです。

参考: 公式サイトQ&A

 

スマート値引きとは、「インターネット回線(ソフトバンク光)」と「携帯・スマホ」をセットで利用すると、携帯料金が安くなる、という割引内容でした。家族がソフトバンク携帯ユーザーであれば全員に割引が適用されるなど、とても好評のキャンペーンでした。

sumane

スマート値引き、略して「スマネ」!

と、テレビCMでも、あれだけ宣伝していたのに・・・。

何故、名前を変える必要があるのでしょうか??

 

その答えは、電力の自由化にあり!

同時期に名称変更したのは実はソフトバンク光だけではありません。あまり有名ではありませんが、丸紅テレコムが提供しているMひかりという光回線も、2016年2月1日に「Marubeni光」と名称変更しました。じつはどちらも同じ意図があります。

それは、「インターネット」と「家庭向け電気」のセット割引サービスを提供するためです。

2016年4月から、家庭向け電力の自由化がスタートします。今までは電気は電気会社が提供してくれるものというのが常識でしたが、この規制緩和によって、ソフトバンクやKDDI、その他さまざまな企業が電力を提供できるようになります。

そこで、例えばソフトバンクの場合は、①携帯、②インターネット、③電気、の3つをセットで申し込もう事で大幅割引をゲットできる!というようなサービスを提供する戦略を考えています。KDDI(auの運営会社)も同じ戦略です。

 

sohban-denkiwari

 

このように、「電気」という新しいサービスを提供することに伴い、サービスの名称を変更するに至ったのです。

 

丸紅テレコムの場合は、大手総合商社「丸紅」ブランドを前面に出すことによって信頼感・安心感を持ってもらおうという戦略によって「Marubeni光」と名称変更しました。ネットならともかく、電気が不安定だと大変ですからね。大手がやってるので安心♪と思ってもらうためです。

スマート値引きの名称変更の理由

一方で、ソフトバンクの場合は・・・これは推測になりますが、語呂の問題とよりイメージしやすいように、という理由だと思います。

①語呂の問題

「スマート値引き」の名称のまま電力を提供することになると、以下のようなキャンペーン名称になると思われます。
スマート値引き(電気セット)、スマート値引き電気、スマート値引きでんき・・・。声に出してもらえば分かりやすいですが、要は、値引き電気(ねびきでんき)と、「き」が2つ連続するのが、語呂が悪いわけです。。。

②よりイメージしやすいように

「おうち割」であれば、ネット+携帯の場合は「おうち割(光セット)」、ネット(+携帯)+電気の場合は「おうち割(電気セット)」と、分かりやすいです。さらに、おうちで使うサービス全てをソフトバンクにしてくれれば割引になりますよ!と「おうち丸ごとソフトバンク化」と言った戦略を打ち出すこともできます。

 

とごにょごにょと書きましたが、要は、①携帯、②インターネット、③でんきの3つをソフトバンクにしちゃえば、割引が適用されて、今までよりもかなり節約できますよ!という事をPRするために名称変更をするに至ったのです。

今まで広告費をたくさんかけて「スマネ」という言葉を流行らせてきたソフトバンクでしたが、もう一歩、未来を読み切れなかったという事でしょうか。「スマネ電気」だと、よく分からないですもんねぇ。。。

要は、おうち割はお得!

ソフトバンク携帯を利用している方で、インターネット回線や電気を別会社にお願いしている場合は、これを機におうち割に申し込んでみると良いでしょう。電気は4月からスタートですが、従来のスマネ、すなわち、インターネット回線とのセット割引は既に2015年の3月頃からスタートしています。

「ソフトバンク光」という固定インターネットサービスで、フレッツ光で使われている光回線をソフトバンクが借りて使用しているため、フレッツ光と同様のスペックになります。満足度ランキングでも堂々の1位。

sofban-manzokudo

出典: 2015年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査(ICT総研 2015年6月10日)

 

sofban_campaign

 

フレッツ光を既に利用中の人でも、ソフトバンク光に乗り換えるのであればフレッツ光の違約金がかからなかったり、auひかりから乗り換える場合は、違約金がかからないなどキャンペーンを実施中です。

ソフトバンク携帯ユーザーは ソフトバンク光がおすすめです。同様にau携帯ユーザーはauひかりがおすすめです。ドコモ携帯ユーザーの場合は、ドコモは電気事業に参入する気配はありませんので、どのネットサービスでも良いのではないでしょうか^^個人的にはMarubeni光がおすすめです。
>>ソフトバンク光の公式キャンペーンサイトはこちらから

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【結論から言うと評判が良い!】auひかり代理店のNEXTとは?|高額キャッシュバックが人気の秘密

  • 【2018年最新版】NURO光の評判が悪い7つの理由

  • NURO光のエリアが拡大したぞ!関西&東海で予約スタート!提供は2018年1月~

  • ソフトバンク光の工事費はいくら?工事っていつ?予約しても来ないことがあるって本当!?

関連記事

  • 【ソフトバンク光】代理店エヌズカンパニーのキャッシュバックキャンペーンが凄すぎると評判!

  • 【ソフトバンク光の代理店】株式会社エンジンの評判やキャンペーンの注意点

  • 【保存版】「ソフトバンクでんき」でどのくらい電気料金を節約できるのか?

  • 工事不要のインターネット「Softbank Air」の評判まとめ2017☆

  • NSSホールディングス株式会社(ソフトバンク光の代理店)のキャッシュバックや評判ってどうなんだろう?

  • ソフトバンク光が「1,111円値引きキャンペーン」実施中(いい買い物の日1週間限定)