1. TOP
  2. ソフトバンク光
  3. ソフトバンクのスマホの新料金「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と「ミニモンスター」について

ソフトバンクのスマホの新料金「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と「ミニモンスター」について

先日、ソフトバンクは新しいプラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と「ミニモンスター」を発表しました。

ウルトラギガモンスター+(プラス)は1ヶ月に利用できるデータ量が50GBと大きいうえに、対象の動画サイトやSNSの利用がギガノーカウント(データ使用量がカウントされない)になるプランです。

ミニモンスターはネットを使った分だけの利用料金が請求されるので、あまりスマホを使わない人に向いたプランとなっています。

これから実施されるキャンペーンや「みんな家族割+」、「おうち割光セット」を適用すれば、利用料金を安くできるので見逃せません。もはや、ソフトバンク光の格安SIMに対抗した料金プランになっています。

 

ここでは、ソフトバンクの新プラン「ウルトラギガモンスター+(プラス)」と「ミニモンスター」の内容を詳しく紹介します。

1.ウルトラギガモンスター+(プラス)のサービス概要

ウルトラギガモンスターは1ヵ月に利用できるデータ量が50GBと大きく、「スマホでのネットがほぼ使い放題」という言葉で売り出されたプランでした。

「ウルトラギガモンスター+」は名前の通り「+α」と言えるメリットがあります。

そのメリットとは、動画SNS放題(ギガノーカウント)であることです。

契約プランをウルトラギガモンスター+にすると、いくつかの動画視聴サイトやSNSの利用がデータ量消費の対象外(以下、ギガノーカウント)になります。

対象サービスは、以下の8つです。

動画サイト SNS
YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO!、hulu LINE、Instagram、Facebook

YouTubeやAbemaTV、各種SNSの利用がデータ量を大幅に消費する原因になっている人は、契約プランをギガモンスター+をすることでネットが使い放題に近い状態になるわけです。

ギガノーカウントの対象にならないサービスを多く利用する場合でも、1ヶ月で利用できるデータ量が50GBもあるので、ネットがほぼ使い放題と考えていいでしょう。

 

ただ、対象サイトやSNSの利用全てがギガノーカウントになるわけではありません。そこまで重要なことではありませんが、念のため確認しておきましょう。

  • YouTubeでは、広告をクリックして他のサイトに移るとギガノーカウントの対象外。
  • AbemaTVではお知らせやFAQページ、番組公式サイトを閲覧するとギガノーカウントの対象外。
  • LINEでは音声通話とビデオを利用するとギガノーカウントの対象外。

特に、LINEのビデオ通話は忘れがちですので、注意しておきましょう。

 

気になる月額料金ですが、ウルトラギガモンスター+の利用料は毎月5,980円となっています。

ただ、この料金はあくまでデータ量だけのもので、契約しているプランによって通話の基本料金が掛かります。

通話の基本料金を足した合計の利用料は以下の通りです。

各種通話プラン 通話基本プラン 通話基本プラン+準定額オプション 通話基本プラン+定額オプション
通話基本料金 1,500円 2,000円 3,000円
ウルトラギガモンスタープラスの料金 5,980円 5,980円 5,980円
合計 7,480円 7,980円 8,980円

通話基本プランとは、ソフトバンクで通話ができるプランことであり、通話料が30秒あたり20円かかります。

そこにオプションである準定額オプションもしくは定額オプションを付けることで通話プランを変更することができます。1回あたり5分以内の通話が無料になるのが準定額オプション、24時間無料通話できるのが定額オプションになります。

通話基本料金と合わせると、ギガモンスター+はとても高いように感じます。

しかし、上記の料金は、あくまで「基本の」料金です。後で紹介するキャンペーンを活用することによって、月額料金は安くなります。

 

2.ギガ使い放題キャンペーン

今のうちにウルトラギガモンスター+を申し込むと、来年の春まで「ギガ使い放題キャンペーン」の特典を受けることができます。

ギガ使い放題キャンペーンとは、来年の4月まで動画SNS放題の対象ではないサイトや動画の閲覧、つまりインターネット全ての利用がギガノーカウントになる特典です。

ソフトバンクでは、請求締め日を「10日」「20日」「月末」と3つ設けており、それぞれ新規契約時に指定されています。

請求締め日によってキャンペーンの終了時期が異なりますので、以下の表で確認してみてください。

請求締め日 キャンペーン終了時期
10日 2019年4月10日
20日 2019年4月20日
月末 2019年4月末日

 

キャンペーンの受付期間は2018年9月6日から2019年4月7日までとなっていて、この期間中にウルトラギガモンスター+を申し込むことが適用条件となっています。

しかし、9月6日からウルトラギガモンスター+が申し込める対象者は、新規や機種変更でスマホを購入した人のみです。

端末を購入せずにプランだけ変更する人は、11月移行にならないとウルトラギガモンスター+を申し込むことができません。

 

3.ミニモンスターのサービス概要

ウルトラギガモンスター+はネットの利用が多い人にとって魅力的なプランですが、あまりネットを使わない人にとっては月額料金が高いだけでメリットは感じられません。

しかし、ソフトバンクはネットの利用が少ない人に向けて「ミニモンスター」という新プランも発表しています。

ミニモンスターには動画SNS放題といった特典がありませんが、ネットを使った分だけ利用料が請求されるプランで、データ利用量が少ないほど請求される料金が安くなります。

1ヵ月のデータ利用料が1GB未満だと、請求されるネットの利用料金は2,980円になります。

さらに、新しいスマホを購入する際にミニモンスターを申し込めば、1年間のデータ利用料が1,000円安くなります。

 

利用年数 1年目 2年目以降
0GB以上1GB未満 1,980円 2,980円
1GB以上2GB未満 3,980円 4,980円
2GB以上5GB未満 5,480円 6,480円
5GB以上50GB未満 6,480円 7,480円

 

ここからさらに、ガラケーからスマホに機種変更をしてミニモンスターを契約すると、1年目の利用料金に1,980円の割引が上乗せて入ります。

他社のガラケーからソフトバンクのスマホへ乗り換えた場合も、この割引を適用できます。

「ガラケーからスマホに機種変更をしてミニモンスターを契約した場合の利用料金」

利用年数 1年目 2年目以降
0GB以上1GB未満 0円 2,980円
1GB以上2GB未満 2,000円 4,980円
2GB以上5GB未満 3,500円 6,480円
5GB以上50GB未満 4,500円 7,480円

ただ、上記の料金の他に通話基本料金も別で必要になります。

 

「別途掛かる通話の基本料金」

契約する通話プラン 通話基本プラン 通話基本プラン+準定額オプション 通話基本プラン+定額オプション
通話基本料金 1,500円 2,000円 3,000円

 

と言っても、データ量の消費が1GB以下だと通話基本料金を合わせても月額が5,000円以下なので、それほど高い金額にはなりません。

しかし、ミニモンスターを利用するスマホは、この後に説明する「みんな家族割+」が受けられないので注意してください。

 

4.みんな家族割+

ウルトラギガモンスター+は動画の視聴やSNSをすることが多い人にとって魅力的なプランですが、通話基本料と合わせると月額の高さが気になります。

しかし、「みんな家族割+」を適用すれば、毎月負担するコストを減らすことができます。

 

「みんな家族割+」とは、家族内でソフトバンクのスマホユーザーが2人以上いる状態でウルトラギガモンスター+を契約すると、条件を満たしている人全員が受けられる割引です。

 

適用される割引はソフトバンクのスマホを使っている人の数で変わりますが、最大でスマホが1台あたり2,000円安くなるので、対象になれるのなら受けたほうがいいでしょう。

「みんな家族割+の割引金額(スマホ1台あたり)」

人数 割引金額
2人 500円
3人 1,500円
4人 2,000円

 

5.おうち割光セット

「みんな家族割+」が受けられない人は「高い月額料金でウルトラギガモンスター+を使わなければいけない」と落胆してしまいますが、他に方法がないわけではありません。

「みんな家族割+」が受けられなくても、「おうち割光セット」を受ける方法があります。

「おうち割光セット」とは、ソフトバンク光かSoftBank Airを契約することで、ソフトバンクスマホの料金が安くなる割引サービスです。

受けられる割引金額は1,000円なので、自宅のインターネット回線をソフトバンク光かSoftBank Airに乗り換えてみるのも一つの方法です。

また、ミニモンスターを利用する場合でも、毎月1,000円の割引が受けることができます。

 

6.ウルトラギガモンスター+とミニモンスターの登場で受け付けが終了するプランがある

ウルトラギガモンスター+が登場したことで、現在展開されている「ウルトラギガモンスター」と「データ定額ミニ」は9月5日をもって新規受付を終了します。

既にウルトラギガモンスターとデータ定額ミニを契約している場合、引き続き使うことができます。

ただ、ウルトラギガモンスターを使っている場合、プランをウルトラギガモンスター+に変更したほうが月額料金を安くできるうえに、プラスαとして動画SNS放題とメリットが受けられます。

  • ウルトラギガモンスター+…5,980円+動画SNS放題付き
  • ウルトラギガモンスター7,000円

ウルトラギガモンスターを利用している人は、プランをウルトラギガモンスター+に変更したほうが良いでしょう。

 

7.まとめ

ソフトバンクが発表した新プランは、ネットの利用が多い人向けのプランとあまりネットを使わない人向けのプランの2種類があります。

ウルトラギガモンスター+は1ヶ月に利用できるデータ量が50GBなうえに動画SNS放題なので、このプランに変更すればネットの利用料がほぼ使い放題になります。

ミニモンスターはデータの利用料に合わせた月額料金が請求されるので、あまりネットを使わない人に打って付けのプランと言えるでしょう。

さらに、早めにこのどちらかのプランを申し込めば、1年間に渡ってキャンペーンによる割引が受けられます。

ソフトバンク光やSoftBank Airを利用すると、「おうち割光セット」が適用されて毎月1,000円の割引が受けられます。

自分に向いた新プランを選び、受けられるキャンペーンは全て受けて、ソフトバンクでスマホをよりお得に使いましょう。

また、ウルトラギガモンスター+を申し込むときは、「みんな家族割+」が受けられるかも確認しておきましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪でインターネット回線を利用する場合ってどの回線がいいのか【eo光でええんちゃう?と思っている皆さんへ】

  • HTCのスマホってどうなの?評判はいいのか?使い勝手はいいのだろうか【HTCは日立じゃないよ!笑】

  • Swift光の全体像をチェックしてみた。NURO関連のネット回線なので「おうち割」が利用できる(ソフトバンク)

  • 【話題のスマホ】Googleから発売したPixel 3とPixel 3 XLの神スペック!iPhoneやサムスンを超えたってマジか!?

関連記事

  • 【代理店の評判】シナジーパートナーズ(ソフトバンク光)のキャッシュバックキャンペーン比較!

  • ソフトバンク光転用の初期費用まとめ。工事費や違約金はかかるのか?

  • 実際にソフトバンク光をエヌズカンパニーで申込んでみた|キャッシュバック等の評判が良いのは本当かどうか

  • ソフトバンク光のおうち割とは|2年後はいくらになるのか?光セットって何?条件も

  • ヨドバシカメラでソフトバンク光を申込むメリットとデメリット|キャッシュバックキャンペーンはお得なのか?

  • 【ソフトバンク光】代理店エヌズカンパニーのキャッシュバックキャンペーンが凄すぎると評判!