1. TOP
  2. ワイマックス
  3. 「どんなときもWiFi」とは?【利用者の評判&メリット・デメリット】

「どんなときもWiFi」とは?【利用者の評判&メリット・デメリット】

2019年3月にサービスが開始した「どんなときもWiFi」ですが、このサービスが気になっている人はいるのではないでしょうか?

「どんなときもWiFi」は名前の通り、いつどんなときでもWi-Fiが使えるルーターです。提供している回線の種類が多いので「どんなときも」利用することができるというわけです。

※現在、申込み多数により端末の在庫切れが発生しています。6月中には受付を再開する予定です。

ちなみに、SIMカードを差し替えずに海外で使える機能性の良さも評判が高いです。

この記事では、「どんなときもWiFi」の評判やメリット・デメリットをご紹介していくので、申込みをお考えの方は参考にしてください。

「どんなときもWiFi」とは?【利用者の評判&メリット・デメリット】

どんなときもWi-Fiには以下6つのメリットがあるので評判は上々です。

  • データ容量が無制限で使い放題
  • たった1台で海外でも使える
  • キャリア対応のクラウドSIMを採用している
  • レンタルだから買う必要がない
  • 通信速度が速い
  • 申込み後、すぐに発送される

 

その反面、以下3つのデメリットがあるので、自分にあったサービスなのか考える必要があります。

  • ルーター端末が大きくて重い
  • 利用期間が決められてる
  • 海外旅行の時だけ契約することはできない

 

 

評判①データ容量が無制限で使い放題!

どんなときもWiFiはデータ容量が無制限なので、どれだけ使っても通信制限がかかりません。

WiMAXやワイモバイルのルーターみたいな3日間で10GBまでの制限もないので、どんなときもWiFiは好きなだけネットを使いたい人にオススメです。

 

厳密には通信制限がかかる条件がありますが、違法ダウンロードや不正利用、ネットワークの占有をした場合に限られるので、普通に使っていれば問題ないと思っていいでしょう。

 

評判②たった1台で海外でも使える!アジア・ヨーロッパ・アメリカ

どんなときもWiFiならSIMカードを差し替えずに海外でもWi-Fiが使えます。

海外で利用するときの申請手続きも必要ありません。

利用できる国も幅広く、海外の106ヶ国が対象エリアとなっています。

ただ、海外で利用する場合はデータを消費できる量が1日あたり1GBまでとなり、1日ごとに以下の料金がかかるので注意してください。

利用国エリア 利用料金
アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米 1,280円/日
中東・南米・アフリカ 1,880円/日

 

評判③3キャリア対応のクラウドSIMを採用!au、docomo、softbank

どんなときもWiFiはauとドコモ、ソフトバンクの回線が利用できるクラウドSIMを採用しています。

どんなときもWiFiのクラウドSIMは1番電波が強い回線を利用する仕組みなので、幅広い場所で快適にWi-Fiを利用できます。

画像は公式サイト(https://donnatokimo-wifi.jp/cloudwifi)より引用

たとえばドコモの電波が弱い場所にいてもauかソフトバンクの回線でネットが利用できるわけです。

3キャリアの回線を併用できるだけあり提供エリアも広いので、引越しが多い人でも安心して契約できます。

 

評判④レンタルだから買う必要がない!(補償サービスあり)

モバイルルーターを契約するときは端末の購入費用が気になるものですが、どんなときもWiFiはレンタルサービスなので購入費用がかかりません。

利用料金のなかには補償サービスの月額が含まれているので、端末を紛失したり盗まれてもAランクの中古品をしてくれるので安心です。

 

評判⑤通信速度が速い!

どんなときもWiFiの最大下り速度は150Mbpsとなっていて、実効速度の評判は良好です。

さすがに光回線と比べると劣りますが、20~30Mbpsは安定して出るので快適にウェブサイトや動画を見ることができます。

場所によっては40Mbpsほどまでの測定値が出るときもあります。

通信速度が遅いという口コミもありますが、7~9Mbpsは出るのでネットサーフィンをするぐらいなら差し支えはありません。

PS4などの据え置きゲーム機でのオンライン対戦には向いていませんが、スマホゲームぐらいであれば十分利用できます。

 

評判⑥申込み後、すぐに発送される!

モバイルルーターを契約すると申し込むプロバイダによっては端末が届くまで数週間待たされる場合があります。

どんなときもWiFiなら最短で即日で端末を発送してくれるので、早くて申し込んだ翌日、遅くても申し込んだ翌々日からモバイルルーターが使えるようになります。

発送料金も無料なので、契約するときのコストも気になりません。

 

 

ここまで、どんなときもWiFiのメリットを説明してきました。

ここからはデメリットについて説明していきます。

 

 

デメリット①ルーター端末が大きくて重い(個人差あり?)

感じ方には個人差がありますが、どんなときもWiFiで利用する端末は他社の機種よりも重く、サイズも若干大きめです。

下記の表でWiMAXやワイモバイルの最新機種と比較する限りサイズに大きな違いを感じる可能性は低いですが、重いと感じるかもしれません。

機種 重さ サイズ
U2s(どんなときもWiFi) 約150g W127 x H65.7 x W14.2 mm
W06(WiMAX) 約125g 約W128×H64×D11.9mm
801HW(Y!mobile) 約145g 約W128.4×H65.6×D13.8mm

 

デメリット②利用期間が決められてる(解約時に違約金あり)

どんなときもWiFiの契約期間は2年間の自動更新となっていて、2年に1度の更新月以外に解約すると下記の違約金が発生します。

どんなときもWiFiの違約金
利用期間 違約金
0~12ヶ月 19,000円
13~24ヶ月 14,000円
25ヶ月目 0円
26ヶ月目以降 9,500円(更新月は0円)

 

どんなときもWiFiは短期的にモバイルルーターを使いたい人には不向きで、2年以上利用する人に向いています。

 

デメリット③海外旅行の時だけ契約することはできない

どんなときもWiFiは海外旅行のときだけ契約することができないと考えてください。

厳密には契約できますが、2年の契約期間があるので利用すると違約金が発生してしまいます。

海外旅行のときだけにモバイルルーターを使いたいのであれば、イモトのWiFiなどの短期レンタルサービスを利用したほうが良いでしょう。

 

 

どんなときもWiFiの端末「U2s」とは

どんなときもWiFiを契約した場合に利用するモバイルルーター「U2s」はuCloudlink製の端末です。

画像は公式サイト(https://donnatokimo-wifi.jp/device/u2s)より引用

uCloudlinkは2009年に設立された中国の会社で、クラウドSIMを中心にサービスを展開している会社です。

企業としての歴が浅い印象を受けますが、アメリカやイギリス、香港に子会社と運用センターを設けているので規模は小さくありません。

 

先ほど説明した通りU2sは他社のルーターと比べると重めですが、最大下り速度は150Mbpsなので性能は低くありません。バッテリーの持続時間(連続使用可能時間)も12時間なので、外で使うときでも電池が長持ちします。

 

料金・支払い方法

どんなときもWiFiの利用料金は月額4,410円ですが、割引が適用されます。

どんなときもWiFiの利用料金をクレジットカードと口座振替で支払えますが、支払い方法をどちらにするかで割引の金額が変わります。

どんなときもWiFiの月額料金
支払い方法 クレジットカード払い 口座振替
1~24ヵ月目 3,480円 3,980円
25ヶ月目以降 3,980円 4,410円

 

クレジットカード支払いにすれば永年割引が適用されます。

口座振替の場合でも割引が適用されますが25ヶ月目からは基本料金になるので、クレジットカードを持っているならクレジットカード支払いがおトクです。

 

まとめ

どんなときもWiFiには基本的に通信制限がなく好きなだけネットが使えるうえに、海外でもそのまま利用できるメリットがあります。

auとドコモ、ソフトバンクの3回線を併用でき利用できるエリアも広いので、引越しが多い人にもオススメできるサービスです。

通信速度の速さも好評で、ウェブサイトや動画をサクサク見られます。

 

ただ、契約期間は2年間の自動更新となっていて短期契約は実質できないので、モバイルルーターを2年以上使いたい場合に契約しましょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「どんなときもWiFi」とは?【利用者の評判&メリット・デメリット】

  • 「@スマート光」とは?利用者の口コミ・評判からサービスの真相を確かめてみた

  • 「縛りなしWiFi」は最強のモバイルWi-Fiなのか?|契約期間・データ上限に縛りが無いけどデメリットは?

  • インターネット回線のみんなの評判が気になる!種類は?おすすめは?1位~20位までランキングしてみた

関連記事

  • スマモバの評判まとめ|料金・速度・キャンペーンを掲載中♪ソフトバンク回線の格安SIM

  • GMOとくとくBBのWiMAX2+最大の特徴は高額キャッシュバック!評判やキャンペーンも

  • 「縛りなしWiFi」は最強のモバイルWi-Fiなのか?|契約期間・データ上限に縛りが無いけどデメリットは?

  • 【格安SIM&WiMAX】ワイヤレスゲートの通信速度や料金プランを解説!

  • WiMAX(ワイマックス)の速度制限が大幅に緩和されて、今までの3倍も使いやすくなったぞ!

  • WiMAX2+を半年間、実際に使ってみた感想(エリアや通信速度など)