1. TOP
  2. ドコモ光vsフレッツ光~料金・キャンペーンなど比較してみたら意外な結果に~

ドコモ光vsフレッツ光~料金・キャンペーンなど比較してみたら意外な結果に~

ドコモ光 フレッツ光
この記事は約 7 分で読めます。

今回、比較したのは「ドコモ光とフレッツ光」です。特にドコモ光の携帯電話やスマートフォンを使っている人は、どちらがお得なのか分かりにくいといった傾向が強いです。

比較するポイントとして「料金」と「キャンペーン」を主に対象としていますが、その他の事項に関しても取り上げていますので、今後の光回線を選ぶ際の参考にしてみてください。

ドコモ光・フレッツ光の概要

インターネットを利用する場合には、どこの通信回線を選ぶのかも重要になってきますが、中でも特に人気が高い通信回線はドコモ光とフレッツ光になります。

この2つの通信回線には、どのような違いがあるのでしょうか、見ていきましょう。まずドコモ光ですが、2015年3月1日からサービスを開始されたのですが、最大の特徴としては「NTT東東日本とNTT西日本から御売りされる光回線を使った携帯電話料金の割引を開始すること」が挙げられます。

ですので、ドコモ光はNTTの光回線をドコモショップで契約することができるサービスになるのですが(※1)、通信速度は最大で1Gbpsとなっていて、固定回線となっていますので通信も非常に安定している特徴があります。

※1.注意点ですが、ドコモ光はドコモショップで契約できますが、キャンペーンの観点からオススメできません。このことに関しては後述していますので記事の後半部分を見て頂ければと思います。

次にフレッツ光ですが、NTT東日本とNTT西日本が提供をしている光ファイバーサービスのことで、通信速度は100Mbpsから、高速なプランになると200Mbps、さらにその上の1Gbpsまで幅広く提供している特徴があります。

ただし、NTTがフレッツ光で提供をしているのは回線と、それに付随する様々なサービスのみとなっていますので、インターネットを利用する場合にはフレッツ光の他にインターネットプロバイダと契約をする必要があります。

ドコモ光とフレッツ光は、どちらも1Gbpsの通信速度を誇っていますので、その点においてはどちらを利用しても変わりありません。

ですが、料金プランやセット割などの内容は異なってきますし、申し込みをする際にもらえるキャンペーンの内容なども異なってきますので、それらの点を比較・検討をしていく必要があります。

 

料金比較(月額料金&プロバイダなど)

ドコモ光とフレッツ光はどちらも、同じ光回線を使用していますので、速度も最大で1Gbpsと同じになります。ですので、パソコンやスマートフォンを利用したとしても、どちらを選んでも違いはありません。

ですので、比較対象として最も重要になってくるのは料金になります。一番の違いとしては月々のネット料金ですが、フレッツ光の場合には、ネット料金事態は月々5,000円となっているのですが、ここにプロバイダの料金もかかってくるので、どんなに安くしても6,000円以上となってしまいます。

ドコモ光でもプロバイダを選ぶことはできるのですが、こちらは込み料金となっている為、別で請求が来ることはなく、フレッツ光よりも安く使うことができます。

ドコモ光の料金はホームタイプで5,200円でマンションタイプで4,000円となります。それに対してフレッツ光はホームタイプで6,100円でマンションタイプで4,150円となっています。

またドコモ光を選んだ場合には、プロバイダによって料金プランが異なります。ドコモ光はプロバイダをタイプA・タイプBのどちらかを選び、そのタイプの中からプロバイダを選ぶ必要があります。ドコモnetやplala、biglobe、DTI、hi-ho、BB-excite、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、ANDLINE、GMOとくとくBB、U-Pa!、Qitなどのプロバイダを選んだ場合にはタイプAとなりホームタイプが5,200円、マンションタイプが4,000円となります。

次にOCNやASAHINET、So-net、TCOM、@nifty、TNCなどを選んだ場合にはタイプBとなりホームタイプが5,400円、マンションタイプが4,200円と200円の違いが生まれます。

タイプBには有名なプロバイダのOCNが入っていますが、決してタイプAのプロバイダが劣るという訳ではありませんので、料金を考えるとタイプAを選ぶ方が良いです(※2)。

※2.記事の後半でも説明していますが、結果的にはタイプA(GMOとくとくBB)を選ぶことになります。

 

このように料金を比較してみると僅かではありますが、ドコモ光の方がお得なことが分かりましたが、他にも選ばれる理由があります。

ドコモ光はスマートフォンとのセット割になるのですが、セット割を利用する場合にはパケット契約によって割引額が異なりますが、例えば1人で30GBの場合1,100円となり20GBなら900円、5GBなら800円、2GBなら500円の割引になります。

家族でシェアしている場合には100GBで3,200円、50GBなら2,500円、15GBなら1,800円、10GBなら1,200円の割引になります。

このように家族でシェアしていて、スマートフォンのパケット契約が100GBであれば毎月3,200円もの金額が永年割引となりますので非常にお得になります。

一般的な利用で最も多いのが5GBですが、その場合であっても毎月800円は割引になりますので、この点が多くの方に選ばれている理由になります。

ドコモのスマートフォンがセットで安くなる光回線は、ドコモ光以外にはありませんので、ドコモを使用している方にとっては唯一無二の存在と言えるでしょう。

 

キャンペーン比較(キャッシュバック&工事費など)

このようにドコモ光とフレッツ光は、どちらも同じ光回線を使っている為、品質などに関してはそれほど大きな違いはないものの、料金を比較してみるとドコモ光の方がお得であることが分かりました。

そして、通信回線を選ぶうえでやはり気になる事がキャンペーンの内容になります。せっかく申し込みをするのであれば、少しでもお得な方法で申し込みをしたいものです。

このキャンペーンに関しては、どのような違いがあるのでしょうか見ていきましょう。まず初めにキャッシュバックなどのキャンペーンと聞くとフレッツ光を思う浮かべる方も多いのではないでしょうか。

確かに家電量販店などに行くと「ゲーム機をプレゼント」や「家電割引」などのキャンペーンを大々的に実施していました。

しかし、今現在フレッツ光でそのような大々的なキャンペーンは一切行っていません。今までは大きな金額のキャッシュバックを行っていた代理店ですらもキャッシュバックを止めてしまっています。

例えば株式会社ラプターでは初めは40,000円のキャッシュバックから始まり、それが10,000万円に値下げ、今現在は0円となっています。

他にも株式会社ネットナビでは60,000円のキャッシュバックを行っていたのですが、こちらも終了して今は0円となっています。

また無料で工事を行ってくれるキャンペーンなども終了しているフレッツ光ですが、その理由は大々的なキャンペーンによって加入者が増え過ぎたことにあります。簡単言ってしまうと、キャンペンを実施してまで新規加入者を獲得する必要がなくなったという事になります。

では、ドコモ光ではどうなのでしょうか、これは加入するプロバイダによって異なりますが、あるプロバイダの場合dポイントが10,000ポイントもらうことができて、それに加えて各地域によって別のキャンペーン特典が加えられている形になります。

その「あるプロバイダ」なのですが、それはGMOとくとくBBというプロバイダです。GMOとくとくBBでは、10,000ポイントのdポイントに加えて最新のWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができます。その最新Wi-Fiルーターの価格は15,000円にもなりますので、非常にお得です。

 

まとめ

このように様々な観点からドコモ光とフレッツ光を比較してきましたが、通信速度などの品質に関しては、どちらも違いがありませんが、料金はドコモ光の方がお得でスマートフォンを利用していればさらにセット割が利用できる為、ドコモのスマートフォンを利用している方には最適な光回線になります。

また、今現在であればキャンペーンに関してもフレッツ光では何ももらうことができないのに対して、ドコモ光ではdポイントや現金キャッシュバック、乗り換え費用の負担などなど各種キャンペーンが適用されます。総合的に考えるとドコモ光の方がお得ということがハッキリ分かる結果となりました。

>>ドコモ光はGMOとくとくBB!お得なキャンペーンページはこちら♪

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ビックカメラの「BIC WiMAX」の評判をチェック!速度・料金やUQ WiMAXとの違い、解約など

  • 実際にビッグローブ光をNNコミュニケーションズから申込んでみた|ネット上で人気のNo,1代理店

  • ドコモでiPhone 8/iPhone 8 Plus向けに機種変更応援プログラムプラスが登場!

  • 通信速度が遅い…。FREETEL(フリーテル)を実際に使ってみて分かった7つの感想|格安SIMレビュー

関連記事

  • 編集長が本気で教える!2017年のインターネット回線の選び方!

  • フレッツ光(東日本)の料金・キャッシュバックキャンペーンを丸ごと掲載中!

  • NTT東西が、フレッツADSLの新規申込受付を2016年6月末で終了

  • 【これは盲点!】フレッツ光しか対応していない賃貸マンション・アパートの隠れた選択肢!

  • ヨドバシカメラでフレッツ光を申込むと損することに!知っておきたいキャッシュバックの意外な事実

  • ドコモ光の料金・評判・キャッシュバックまとめ|スマホとのセット割は安くなる?