1. TOP
  2. インターネット
  3. 「インターネット無料物件」に潜む落とし穴とは?極端に遅い通信速度にご用心を。

「インターネット無料物件」に潜む落とし穴とは?極端に遅い通信速度にご用心を。

 2018/03/29 インターネット
この記事は約 7 分で読めます。

引越し先を選ぶとき、賃貸のアパートやマンションには魅力的なオプションがありますよね?

例えば、「家具家電付き」や「宅配BOX」、はたまた「TVモニター付きインターホン」など色々ありますが、その中でも「インターネット無料」のオプションはトクに高い人気を集めています。

不動産業の知人が言うには、「インターネット無料物件」は賃貸契約の成約率が上がりやすいようです。確かに考えてみれば、毎月3千円~5千円かかるインターネット料金が無料になるのは、実質的には家賃の割引ですからね。毎月必ずかかる料金が0円になるのは非常に大きいです。

しかし、現実と理想のギャップがあり、デメリットがあることも否定できません。いざ、インターネット無料物件に住み始めてみたものの、「インターネットが遅いので使い勝手が悪かった」なんて話は珍しくありません。

Twitterでも、インターネット無料物件にまつわるネガティブな話題が目立ちます。

ここでは、いまインターネット無料物件に住んでるもののネット環境に悩んでいる人や、これからインターネット無料物件に住もうかどうか悩んでいる人に向けた内容を掲載しています。

賃貸のアパートやマンションにこれから引越す予定がある人、インターネットが無料で使える賃貸アパートに住んでいる人は、メリットとデメリットを知る参考になるでしょう。※筆者は現時点でインターネット無料物件に住んでいますので、この問題でお悩みの方へ参考になる自負があります。

1.インターネット無料物件とは|マンション・アパート

インターネット無料物件とは、その名のとおりインターネットを無料で使える賃貸のマンションやアパートのことです。インターネット無料物件の出入り口では、ケーブルテレビ会社ジェイコムの看板を全国的によく見かけます。

賃貸のマンションやアパートに住んでいる読者の方も、一度はこのキャラクター(ざっくぅ)が描かれてある看板を見たことがあるのではないでしょうか?

そもそも、なぜインターネットが無料で使えるのかというと、理由は賃貸物件を管理している大家さんや管理会社が入居者を集めるための施策だからです。

賃貸マンションやアパートを運営する大家さんは、空いてる部屋があると家賃収入が無くなるので、できる限り常時満室になることを目指しています。空き部屋を作らないためにインターネット料金を大家さんが負担して、私たちは無料で使えるわけです。

無料のインターネットが備え付けられた賃貸物件だと、仲介業者の人も私たち(お客様)におすすめしやすくなりますよね。「この物件はネットが無料で使えるんですよ~。毎月数千円の節約になりますよ~」という言葉はかなり効果的な営業トークになります。

また、仲介業者が大家さんにアドバイスをして、その賃貸物件が「インターネット無料物件」になるケースが多いそうです。

 

2.インターネット無料物件のデメリットは大きく2つ!

インターネットが無料で使える「インターネット無料物件」はとても魅力的ですが、料金が発生しない代償として大きなデメリットがあります。

 

2-1.デメリット①速度が遅いこと

インターネット無料物件は、通信速度が遅い恐れがあると考えなければいけません。

「インターネットが無料」と謳っている賃貸物件のほとんどは、通信速度の品質を保証していないからです。極端な話しですが、物件によっては最大速度が1Mbpsだということもあり得ます。

現在のネット回線の速度は最大1Gbpsが主流になっており、1Gbpsは1Mbpsの1,000倍にあたります。主流である通信速度が1Gbpsであることを考えると、1Mbpsがどれほど遅い回線速度なのかがなんとなく分かるのではないでしょうか?

インターネットが無料ではない賃貸マンションやアパートの中でも、配線方式で通信速度が1Gbps以下になることがありますが、有料だと最低でも最大100Mbpsです。最大速度が1Mbpsと遅い数値だと、動画の読み込みに時間がかかってしまい、ウェブサイトを見るときもストレスを感じてしまいます。

最大速度はインターネット無料物件によって様々ですが、通信速度が遅い事例が多いので、あまりおすすめできるものではありません。

 

2-2.デメリット②セキュリティが甘いこと

今のインターネット回線は、パソコンやスマホをネットに接続する前にルーターがウイルス対策を施していることが一般的です。光回線のサービスやプロバイダも、無料でセキュリティソフトを提供する事業者が多く見受けられます。

しかし、インターネットが備え付けられた無料物件においては、支出削減をするためかセキュリティ対策を施していないことがあります。

これも先ほどの「速度」と同じで、「インターネットが無料」と謳ってはいますが、セキュリティ対策がバッチリとは公表していません。つまり、「セキュリティ対策は自己責任でお願いします」と遠回しに言っているわけですね。

そのため、インターネット無料物件でネットを使う場合、自分でセキュリティソフトを用意しなければいけないデメリットが発生します。セキュリティソフトは年間で3,000円台から利用できるのでコストは高くありませんが、できるなら無料で使いたいですよね。

 

3.まとめ

無料のインターネットが備え付けられた賃貸マンションやアパートの物件と聞くと、通信費が節約できて魅力的だと多くの人が感じるでしょう。

しかし、インターネット無料物件のアパートやマンションは、通信速度がとても遅い可能性があり、セキュリティ対策のソフトも自分で用意しなければいけないデメリットがあります。

インターネット無料物件を利用した人からは、通信速度が1Mbps程という口コミが多く寄せられているので、快適にインターネットを使いたい人にはおすすめできません。

有料の光回線サービスやプロバイダには無料でセキュリティソフトが提供している事業者が多いので、インターネット無料物件を選ぶとかえって損になる恐れがあります。

インターネット無料物件はデメリットの影響を受ける可能性が高いので、快適にインターネットを使うならお金を払ってでも有料の光回線サービスを契約したほうがいいでしょう。

https://twitter.com/ttskch/status/949467574844076032

本文中にはデメリットを2つしか載せていませんが、「無線LANルーターは自分で用意しなければならない可能性がある」といったデメリットもあります。ルーターが無ければ、有線ケーブルでパソコン1台しか使えませんので、スマホを無線LANで利用することはできません。

インターネット無料物件で利用できるネット回線の速度は1Mbps~100Mbps程度のクオリティーで、それ以上の速度を希望する場合は有料になるケースが多いです。

しかし、その場合、例えば300Mbpsの速度のプランでも3千円ほどかかるので、いっそのこと工事が不要な無線LAN機器である「ソフトバンクエアー」や「auスマートポート」などを契約したほうが料金的にも速度的にもお得です。(※現在、ソフトバンクエアーでは24,000円キャッシュバックのお得なキャンペーンを実施中。)

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 海外でスマホをどう使う?そのまま使うと料金がバカ高いぞ!Wi-Fiルーターの利用が一般的だが色々と比較してみた

  • auの「世界データ定額」が意外と便利!アメリカやアジア、ヨーロッパ等の海外全域に対応

  • CひかりはNURO光を利用した光回線だが、料金プランやキャンペーンはお得なのか?

  • ポケットWi-Fiとは|モバイルWi-Fiルーターに料金や速度に違いはあるのか?【キャッシュバックキャンペーン実施中】

関連記事

  • OCN光転用とは?メリットは違約金・工事費が不要なこと!

  • 【ネット流行語2016上半期】ベッキー&舛添ペアが圧巻のランクイン!

  • DMM光の月額料金やキャンペーンを徹底分析!安いと評判の光回線!

  • エディオン光って本当にお得なの?|キャンペーン・キャッシュバック・料金など

  • 楽天コミュニケーションズ光が意外と安くて評判に!キャンペーンや料金を紹介中♪

  • DTI光の注目すべき10項目!みんなの評判&キャンペーン条件