1. TOP
  2. 格安sim
  3. J:COM MOBILEの料金やキャンペーンを調査した件|ジェイコムの格安SIM

J:COM MOBILEの料金やキャンペーンを調査した件|ジェイコムの格安SIM

格安sim
この記事は約 9 分で読めます。

格安SIMに興味はあれど、実際に購入を考えてみたら悩み込んでしまう、そんな人は多いと思います。今回、紹介する格安SIMはJ:COM MOBILE。ケーブルテレビで有名なジェイコムが提供する格安SIMです。

もしかしたら、自宅にジェイコムのサービスを導入している人もいるかもしれませんね。この記事では J:COM MOBILEのサービス全体(特にキャンペーンや料金関係)を掲載していきます!

J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)とは

J:COM(ジェイコム)とは、東京都千代田区丸の内に本社を構える株式会社ジュピターテレコムのブランドを指します。

その事業内容は主に2つに分けられます。

まず一つ目はケーブルTV事業です。ケーブルテレビ・インターネット接続・固定電話・モバイル・電力の合計5つのサービスを提供。オリジナル無料放送「J:COMチャンネル」と「J:COMテレビ」は有名です。有料契約をしていなくても、J:COMネットワークに接続している世帯であれば視聴可能です。

二つ目はメディア事業です。BS/CS専門チャンネルの運営、映画・映像の企画製作、劇場配給やビデオオンデマンドでの配信を行っています。スポーツコンテンツの動画配信にも力を入れており、ファンもしっかり付いているなど評判も上々です。

IP電話サービスも特徴であり、通話料が無料となるプランも多数提供しています。

 

J:COM MOBILE利用者の評判について(何が良くて、何が悪いのか)

J:COM MOBILEは、J:COM TVやJ:COM NETの契約者向けサービスやキャンペーンが充実しています。もともとJ:COMのサービスを利用していた方には、特に注目したい格安SIMではないでしょうか。

料金プランは他社の格安SIMと比較すると割高に感じられますが、J:COMの他サービスを利用中であれば様々なサービスの対象になるので、使い方によってはお得になります。

通信速度が遅くなる時間帯があったり、スマートフォンの取り扱い端末の種類が少ないといった悪い評判もあります。※通信速度で有名なのはLINEモバイル(関連記事)

しかし、総合的に捉えると良い評判やメリットの方が多い印象を受けます。

その理由として、J:COM TVのオンデマンドアプリの通信量がデータ容量にカウントされないといったサービスが挙げられます。J:COM TVは動画配信であるため、通常であればデータ容量は多く掛かってしまいます。しかし、容量を気にせずに視聴できる点が良い評判を集めています。

また、本来月額362円かかる公衆無線LANサービス「Wi2 300」をJ:COM MOBILEであれば、無料で利用することが出来る点も好評です。公共交通機関や飲食店など、無料でWi-Fiを使用できるためデータ容量の節約にもなります。通信速度が気になる場合にも活用できますね。

 

J:COM MOBILEの料金プラン

J:COM MOBILEの料金プランは、au回線とdocomo回線の2種類があります。

 

au回線の料金プラン

au回線のプランは、通信データ量3GB /月額2,980円、5GB/月額3,980円、7GB/月額4,980円、10GB/月額5,980円です。

音声通話とデータ通信が行える格安SIMの料金は長期契約と標準契約の2タイプ用意されています。長期契約タイプは、0.5GB/月額980円、3GB/月額2,980円、5GB/月額3,980円、7GB/月額4,980円、10GB/月額 5,980円です。標準契約タイプは少々割高となり、0.5GB/月額1,380円、3GB/月額3,680円、5GB/月額4,680円、7GB/月額5,680円、10GB/月額6,680円になります。

長期契約タイプは、機種の割引などの適応があるため、他社に乗り換える予定が無いのであれば、長期契約プランがおすすめです。

 

docomo回線の料金プラン

docomo回線はデータ通信のみ、3GB/月額900円、データと通話SIMだと3GB/月額1,600円となっており、実質au回線のプランがメインとなっています。

使いきることが出来なかったデータ残量は、翌月末まで繰り越すことが出来ます。データを無駄にすることが無く、プランを選ぶ際にも方の力を抜いて選択できるのではないでしょうか。

月によって使用するデータ量が異なる場合には、月額料金の安いプランを選ぶのも良いかも知れません。データ量が不足した場合には、追加パケットも100MB(0.1GB) 200円で購入が可能なのです。

 

 

J:COM MOBILEのオプションや特徴(かけ放題・メガパックなど)

ジェイコムが提供する格安SIMの「J:COM MOBILE」には色んな特徴があります。格安SIMは今や料金が安いだけではなく、通話や動画コンテンツなどのサービスが充実しており、そういった部分できょうそうが激化しています。

 

かけ放題

通話が多い方におすすめのオプションは「かけ放題5分」。1回の通話が5分以内であれば、国内通話が何度でも無料になるお得なサービスです。通常の通話料は、国内通話30秒20円となります。

 

安心端末保証

月額500円で、故障などのトラブルが起こった際に交換機を届けてくれる「安心端末保証」もあります。スマートフォンを落としたり、無くしたりした際には遠隔操作でサポートを受けることも出来ます。スマートフォンは精密機器であり、誤った使用方法によって壊れやすい商品です。また、プライベートな情報が詰まっているものでもあります。この様な保証制度は付けておくと安心ではないでしょうか。

 

セキュリティー関係

セキュリティサービスと有害サイトフィルターは無料。ボイスメール発信者番号表示・番号通知リクエスト・着信転送サービスは申し込み不要で通信料、通話料以外の月額料金は掛かりません。割込通話サービス、三者通話サービスが月額200円、留守番サービスは月額300円、迷惑電話撃退サービスは月額100円となっています。どれも安い料金でつけることが出来るため、必要であれば迷わず付けられますね。

 

メガパック

また、J:COM MOBILEには、「メガパック」があります。これはハリウッド映画や邦画、ドラマ・アニメ・音楽・バラエティまで、様々な作品を楽しめる動画配信コンテンツです。見放題で月額933円ですので大変お得なオプションです。せっかくJ:COM MOBILEにするのならば、ぜひ追加したいオプションですね。

 

 

実施中のキャンペーン(キャッシュバックや割引など)

J:COM MOBILEでは、現在実施しているキャンペーンがあります。キャンペーンはキャッシュバックや月額割引など、色々な種類がありますので、申込む際の参考にしましょう。

 

J:COM MOBILEスタート割

J:COM MOBILEを買おうかと検討している方に嬉しい「J:COM MOBILEスタート割」があります。スマートフォンとセット長期契約タイプに申し込むと、月額基本料金が1年間月額1,000円引き(LG Wine Smartのみ2,000円)、合計12,000円LG Wine Smartのみ24,000円)割引されます。

対応機種はLG X screen、SHARP AQUOS L2、富士通 arrows M03、iPhone 6s CPO、対応プランは0.5GB以外の3GB、5GB、7GB、10GBで適応されます。

※13カ月目以降は通常の月額利用料金で自動更新されます。

 

J:COM MOBILE キャッシュバック

他社からの乗り換えに嬉しい「J:COM MOBILE キャッシュバック」キャンペーンも行っています。10,000円キャッシュバックされるため、乗り換えの際に解約金が掛かる場合でも補填できますね。キャッシュバックは商品券で行われ、契約後に自宅へ発送されます。

対象プランは3GB、5GB、7GB、10GBで契約した場合のみ。適応条件は、MNP回線に切り替え、J:COM MOBILE スマホセット長期契約タイプ加入することです。しかし、auスマートフォンから切り替えは適用対象外となるため、注意しましょう。

 

端末代割引「実質0円」キャンペーン

J:COM MOBILE 端末代割引「実質0円」キャンペーンも注目です。J:COM MOBILEの月額基本料金から24カ月かけ1,375円(LG Wine Smartのみ500円)ずつ割引され、端末代金33,000円(LG Wine Smartのみ12,000円)が実質無料になるというもの。支払期間中に解約した場合には、端末代金は一括で支払うことになります。また、適応にはJ:COM TV(スタンダードプラス/スタンダード/セレクト)、もしくはJ:COM NET 120Mコース以上への加入か必須となります。

 

それぞれのキャンペーンに関して、期間などは定められていません。しかし、割引やキャッシュバック内容は予告なく変更される場合があるため、契約の際には改めて内容を確認するようにしましょう。

 

利用できるiPhoneの種類・セットで購入できるスマホ端末

J:COM MOBILE では、5つのタイプのスマートフォンを購入できます。また、iPhoneは「iPhone 6s CPO」となっています。

他にはSHARP AQUOS L2、富士通 arrows M03、LG X screen、LG Wine Smartがあります。LG Wine Smartは2つ折り携帯電話、ガラケーの操作に慣れておりスマートフォンは不安だという方向けの端末です。

※購入できるスマホ上記に掲載している機種に限りますが、SIMロック解除したり、SIMフリー端末を利用したりすることで、他の機種も使用することは可能です。

 

まとめ

格安SIMを購入する際、一番気になる点は通信速度かも知れません。J:COM MOBILEは通信速度に関しては良い評判はないようです。

しかし、外出先でインターネットへ接続する機会が多い場合、無料でWi-Fiを利用出来る点は魅力的ではないでしょうか。自分の生活スタイルに合わせて検討してみると、他社の格安SIMと比較して安く利用できるかも知れません。

J:COM MOBILEの公式サイト

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • eSIMって何?「次世代の格安SIM」と呼ばれる理由。海外でも可・WiFiルーターとしても可・対応スマホ

  • auひかり代理店のフルコミットのキャンペーンってどう?評判もチェックしてみよう!

  • 中華スマホのVivo(ビボ)はアジアで爆売れ中。日本ではどこで買える?評判リサーチ

  • 25歳以下が対象!ドコモの「学割2018」を詳しく解説!

関連記事

  • 【人気の格安SIM】IIJmio(みおふぉん)の評判と特徴をガッツリ調べてみた!

  • 【爆安スマホ】DMM mobileの評判を調べてみた|料金・キャンペーン・デメリットなど

  • 私が格安SIMにY!mobile(ワイモバイル)を選んだ理由|キャリアメールと通話と速度

  • 【UQモバイル、だぞっ】料金プランと評判をまとめたぞっ|au系列の格安SIM・デメリット

  • スマホ世界第3位のHUAWEI(ファーウェイ)はコスパ最強!タブレットも評判が良い!

  • au回線で使える格安SIMは2種類|マイネオとUQモバイル