1. TOP
  2. スマホ
  3. HTCのスマホってどうなの?評判はいいのか?使い勝手はいいのだろうか【HTCは日立じゃないよ!笑】

HTCのスマホってどうなの?評判はいいのか?使い勝手はいいのだろうか【HTCは日立じゃないよ!笑】

スマホ
この記事は約 10 分で読めます。

HTCのスマホを見かける機会は多いですが、iPhoneやサムスンの陰に隠れてしまって、なかなか「買う」までには至らない…、そんなスマホメーカーです。

メーカーとしての歴史は古く、良く言えば「老舗企業」、悪く言えば「昔の企業」といった感じです。今の若い人からは「HTC」を「日立(ひたち)」の略語と誤認している人がいるほど。。

とは言いつつ、スマホ自体は品質が高く、魅力も詰まったスマホだということに誤りはありません。この記事では「会社の概要」「主なスマホ」「利用者の口コミ・評判」についてまとめています。

今後のスマホ選びの参考にどうぞ!

HTCってどんな会社?会社概要

HTCは台湾に本社を構え主にモバイル通信デバイスを手がけているスマホメーカーです(中国語では「宏達国際電子股份有限公司」と表記)。1997年に設立した老舗企業です。日本への上陸は早く、Androidが搭載されたスマホが広く一般化する以前から参入していました(2006年ごろ)。

日本へのモバイル業界参入当初は物理キーとしてQWERTYキーボードを配置してOSにはWindows Mobileを搭載したモデルなどがありました。Androidを搭載したスマホが一般化するようになってからは日本のスマホ市場から影を潜めましたが、格安スマホやSIMフリースマホが日本で流行するようになってから再び日本市場で活躍するようになりました。

現在ではVRヘッドマウントディスプレイを開発・リリースしたことからHTCをVRヘッドマウントディスプレイに特化した企業だと思っている方も多いですが、HTCの主力事業はスマホです。

HTCのスマホは楽天モバイルやOCNモバイルONEなどの格安SIM事業者で取り扱われることが多く、Androidを搭載したスマホの取り扱いは今のところまだキャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)ではありません。

しかしながら、HTCのスマホ端末は見かけることが多く利用者も多いです。利用者も多いという側面から、日本でもSIMフリースマホが広く普及するのと同時にHTCのスマホも広く浸透しているということがわかります。

HTCのスマホの特徴は、「エッジ・センス」といって、スマホを「握る」という動作であらゆるアプリの操作を行えるようになっているという点です。スマホの両端を「握る」だけでカメラのシャッターを切ることができたり、ミュージックアプリの再生や一時停止を行ったりマップの拡大などを行ったりすることもできます。

エッジ・センスが搭載されているスマホはスマホの両端を握るだけであらゆる操作が可能となっていて、冬場に手袋をしたままの状態でもスマホを操作できるように設計されています。HTCはスマホにエッジ・センスのような独自の技術を盛り込んでいて、現在ではSIMフリースマホ業界ではかなり人気の企業となっています。

 

 

HTCのスマホ(種類・スペックなど)

それでは、HTCの代表的なスマホについて特徴やスペックをご紹介致します。HTCではハイスペックモデルのスマホからミドルスペックモデルのスマホまで幅広く取り扱っています。そのためあらゆるニーズに応えることに成功しています。

HTCが取り扱っている代表的なスマホとして「HTC U12+」「HTC U11」「HTC U11 life」「HTC X2」があるためそれぞれに分けて特徴やスペックを見ていきましょう。

 

HTC U12+

初めにご紹介する「HTC U12+」はハイスペックモデルのスマホとして格安SIM事業者で取り扱われている中でも有名なスマホです。

大きな特徴はカメラにあります。というのも、背面に配置されたアウトカメラは約1,200万画素のレンズと約1,600万画素のレンズを搭載したデュアルレンズカメラを採用していて、背景ボケ感を演出することが可能となっています。

さらにフロントカメラもデュアルレンズカメラを採用していて、約800万画素のカメラを2つ搭載しています。そのため、フロントカメラを使ったセルフィーもきれいに撮影できるようになっていて普段からフロントカメラを活用する方にとっては嬉しいカメラ構成となっています。

また「HTC U12+」は音にもこだわりを持って作られています。同梱されている「HTC USonicイヤホン」は環境音のレベルを継続的に検知してすばやく自動的に最適なノイズキャンセリングを行ってくれる「アクティブ・ノイズキャンセリング機能」を搭載しているからです。

スペックは下記のとおり。

HTC U12+
ディスプレイ 約6インチ WQHD
CPU Qualcomm Snapdragon 845
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
カメラ性能 アウトカメラ:約1,200万画素+1,600万画素

フロントカメラ:約800万画素+約800万画素

バッテリー容量 3,500mAh
重量 約188g

HTC 6.0インチ U12+ SIMフリースマートフォン 【日本正規代理店品】 U12-PLUS-BLUE

 

 

HTC U11

続いてご紹介する「HTC U11」は、ミドルハイスペックのスマホとして評価が高いです。

「HTC U11」もやはりカメラには力が入れられていて、シングルレンズカメラながらも高い水準のカメラを搭載しています。カメラ性能に関してはカメラ評価機関である「DxOMark」のモバイル端末部門において「90スコア」という世界最高水準の評価を得ることに成功しています。

カメラの主な機能としては「多軸制御光学及び電子手ぶれ補正システム」「高速オートフォーカス機能」がメインとなっていて、光に強いカメラとなっています。また「HDRブースト」という機能を搭載することによって、本来であれば逆光で黒く潰れてしまうような場面も潰れることなくホワイトバランスを拡張してノイズを除去し鮮やかな写真を撮影することが可能です。

また、フロントカメラもシングルレンズカメラという構成ではあるものの約1,600万画素というかなり高い画素数となっています。

スペックも確認しておきましょう。

HTC U11
ディスプレイ 約5.5インチ Quad HD
CPU Qualcomm Snapdragon 835
メモリ(RAM) 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
カメラ性能 アウトカメラ:約1,200万画素

フロントカメラ:約1,600万画素

バッテリー容量 3,500mAh
重量 約188g

HTC 5.5インチ U11 SIMフリースマートフォン【日本正規代理店品】 U11-RED

 

 

HTC U11 life

「HTC U11 life」は、ミドルスペッククラスのスマホとして格安SIM事業者でも取り扱われています。

楽天モバイルでは本体価格が39,800円となっていて、格安スマホとして購入しやすいモデルのスマホです。仕様としてはIP67等級という高い水準の防水防塵性能を誇っていておサイフケータイにも対応しているという特徴があります。

さらにHTC製のスマホの特徴であるエッジ・センスを搭載していて「握る」という動作であらゆる操作が可能となっています。エッジ・センスに対応しているアプリであればお好きなアプリをエッジ・センスに対応ささせることが出来るようになっていて、操作内容を設定から変更できるようになっています。

HTC U11 lifeの大きな特徴はスマホにAIを搭載しているという点です。HTC独自AIセンス・コンパニオンを搭載していて、アプリの使用状況などを学習してメモリ使用状況が安定してバッテリーが長持ちするように最適化を行います。

それではスペックを見ていきましょう。

HTC U11 life
ディスプレイ 約5.2インチ IPS
CPU Qualcomm Snapdragon 630
メモリ(RAM) 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
カメラ性能 アウトカメラ:約1,600万画素

フロントカメラ:約1,600万画素

バッテリー容量 2,600mAh
重量 約142g

HTC U11 lifeの詳細はコチラ

 

 

HTC X2

「HTC X2」は、実はスペック的にはHTC U11 lifeと変わりません。ですがAndroid oneシリーズとしてラインナップされています。Android oneは、以前までGoogleで提供されていたNexusシリーズのように常に最新のAndroidバージョンにOSをアップデートできるという特徴があります。

常に最新のAndroidバージョンにしておけるため、セキュリティ面でかなり信頼できます。Androidに限らずOSのバージョンが古くなることでOSの構造が悪意のあるハッカーに知られOSの脆弱性を狙ったウイルスなどが蔓延します。数年間という長い目で使うスマホは使っている途中でAndroidのバージョンをアップデートできなくなってしまい、セキュリティに不安が残る状態となってしまいます。

ところがHTC X2は最新のAndroidにアップデートすることでセキュリティ面の不安を払拭することが出来ます。HTC U11 lifeと同様にインカメラも1,600万画素という高い画素数を誇っていて、エッジ・センスにも対応しています。

それではスペックをご紹介致します。

HTC X2
ディスプレイ 約5.2インチ Super LCD 3 Full HD
CPU Qualcomm Snapdragon 630
メモリ(RAM) 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
カメラ性能 アウトカメラ:約1,600万画素

フロントカメラ:約1,600万画素

バッテリー容量 2,600mAh
重量 約142g

 

 

HTCのスマホを使っている人の評判

HTCのスマホを使っている方から寄せられている評判は良い評判が多いです。

特に「カメラ性能が高い」「デザインが良い」という評判や「顔認証の精度が高い」という口コミが目立ちます。

HTC U12+の評価は高く利用している方も多いです。

HTCのスマホは、エッジ・センスという独自の機能を搭載しつつもシンプルな構造で使いやすいと評判です。シンプルな使い勝手となるため使いやすさはお墨付きのようです。

HTCはサポートが丁寧でしっかりと説明してくれます。

ユーザーの評判にもあるように「困った」に複数の解決策を提案してくれる丁寧に対応してくれるので、安心してHTCのスマホを使用できます。

 

 

まとめ

HTCのスマホは、特徴やスペックを見たり格安SIM事業者で取り扱われている本体価格を見たりすると「安くて品質が高いスマホ端末」という印象です。

今回、HTCの代表的なスマホとしてご紹介したスマホのスペックを見てもスペック的に問題はなくストレスフリーでスマホを利用することが出来ます。そのため単に価格の安いスマホではなくコストパフォーマンスに優れたスマホであると言えます。

HTCの最新スマホ【U12+】をAmazonで確認する

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪でインターネット回線を利用する場合ってどの回線がいいのか【eo光でええんちゃう?と思っている皆さんへ】

  • HTCのスマホってどうなの?評判はいいのか?使い勝手はいいのだろうか【HTCは日立じゃないよ!笑】

  • Swift光の全体像をチェックしてみた。NURO関連のネット回線なので「おうち割」が利用できる(ソフトバンク)

  • 【話題のスマホ】Googleから発売したPixel 3とPixel 3 XLの神スペック!iPhoneやサムスンを超えたってマジか!?

関連記事

  • ソフトバンクの半額サポート for iPhoneの仕組みやデメリットとは|iPhone 8/iPhone 8 Plusを最大半額で購入・機種変更できる!

  • Xiaomi(シャオミ)っていうスマホメーカーを知ってる?評判や実績を調べてみたよ!

  • 中華スマホのVivo(ビボ)はアジアで爆売れ中。日本ではどこで買える?評判リサーチ

  • トーク履歴も復元!機種変更時のLINEの引継ぎ方法を公開中!バックアップはこれで完璧♪

  • ASUSのスマホってどうよ?使い勝手は良いの?コスパは良いの?利用者の評判をまとめてみた

  • ソフトバンクの新プラン「ウルトラギガモンスター」は50GB!しかし、スマホ料金が安くなるかどうかは使い方次第(デメリットや注意事項)