1. TOP
  2. スマホ
  3. 中華スマホのVivo(ビボ)はアジアで爆売れ中。日本ではどこで買える?評判リサーチ

中華スマホのVivo(ビボ)はアジアで爆売れ中。日本ではどこで買える?評判リサーチ

 2018/02/14 スマホ
この記事は約 10 分で読めます。

Vivoは格安スマホを製造する中国の会社です。中国のスマホ企業というと、Huawei・OPPO・Xiaomiの3社が世界的に有名ですが、これらの企業に続く次世代企業として注目を浴びています。(「Vivo」は日本語の発音で「ビボ」と読む)

国内ではどのようにして購入できるのか?価格帯はどのくらいか?世界的に人気であるものの、いまだ日本では情報が少ないVivo。この記事では、Vivoのスマホ端末や利用者の評判について紹介していきます。

1.Vivo(ビボ)の概要

Vivoは、スマホの出荷台数において2016年に世界第5位、2017年には世界第3位、そして2019年第1四半期には世界第4位に位置しています(IDC調べ)。

Vivoが設立される以前の前身となる企業は、広東歩歩高電子工業(通称:BBK)という会社で、実は、OPPOもBBKから独立した企業なのです。つまり、VivoとOPPOとの関係性は兄弟であり、競争相手でもあるといった間柄になります。

また、Vivoは2018年、2022年に開催されるサッカーワールドカップのスポンサーです。アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オセアニア・南米など、世界各国からスターが集まるイベントですので、この機会に一気に知名度を上げたい思惑が垣間見れます。Vivoは現時点では、まだアジアが中心ですが、近いうちに本格的に世界進出することになるでしょう。

 

2.Vivoのスマホとは

▲「X」シリーズの「X21」|vivo公式サイトより引用▲

Vivoは、今まで多くのスマホ端末を世の中にリリースしてきました。売れる理由は「料金以上に品質が良いから」。コストパフォーマンスが他社製品と比較すると圧倒的に優れています。

また、他にも「デザイン性が高い」「新技術が組み込まれている」といったことも利用者に好評です。

Vivoのスマホは以下7つのシリーズで成り立っています。

  • NEXシリーズ
  • Xシリーズ
  • Sシリーズ
  • Zシリーズ
  • Yシリーズ
  • Uシリーズ
  • iQOOエリア

この項目では、今後日本でも取り扱われる可能性が高い「Xシリーズ」の最新機種である「X27」をはじめ、日本で販売中の「X21」と「X21  UD」や2018年に発売された「Vivo NEX S」、2019年に発表されている「Vivo Z5x」をご紹介します。

 

2-1.X27の基本情報(価格・スペック)

2019年3月より発売されているX27は、Vivoが展開するスマホのなかでもハイスペックな機種にあたります。

メインメモリ(作業領域)は8GBが搭載されており、負荷のかかる作業を行ったとしても問題なく動くようになっています。さらにX27に搭載されたバッテリー容量は4,000mAhとなっており、外出先でも充電に困らないほどの充電が長持ちするうえに急速充電にも対応しています。

ディスプレイはノッチ(フロントカメラが搭載された画面上部にある縁)を小さくすることでサイズがさらにワイドになっていて、6.39インチと大型になっています。

価格は日本円で約59,000円(約3,598元)ほどになっています。

 

 

2-2.X21/X21 UDの基本情報(価格・スペック)

X21/X21 UDはある程度の性能を備えながらも価格を抑えカメラ性能に力を入れたモデルです。

性能に関しては作業領域であるメインメモリ(RAM)はX21/X21 UDともに6GB、データ保存領域であるストレージ(ROM)はX21で64GBと128GBが選択可能、X21 UDで128GBを搭載となっており、限りなくハイエンドモデルに近いスペックを内蔵したミドルスペックモデルといった印象です。

価格は日本円で、X21(64GB)が約49,000円、X21(128GB)が約5万4000円。X21 UD(128GB)が約60,000円となっています。iPhoneやGalaxyと比べて圧倒的に安いです。(ミドルスペックにあたるiPhoneXRの販売価格は84,800円からです)

 

2-2-1.カメラ性能に注力している

Vivoの「Xシリーズ」では、主にカメラ性能に力を入れています。リアカメラ(外側のカメラ)には最近のスマホでは流行りのデュアルレンズを搭載していて、光学式手ブレ補正に対応しています。メインカメラは、2×1200万画素+500万画素の高画質な撮影を可能にします。

フロントカメラ(内側のカメラ)にも2×1,200万画素を採用しています。SNS映えする自撮りをするための高画質なフロントカメラ需要が増えてきている中で、Vivoスマホはユーザーのニーズに応える仕様となっています。

 

2-2-2.ディスプレイ&バッテリーについて

ディスプレイは、ノッチ付きの6.28インチで画面占有率は90.3%というほぼフルスクリーンのデザインとなっています。シンプルなデザインでカラーバリエーションは、ドリルブラック、オーロラホワイ、ルビーレッドの3色展開。あらゆる層のユーザーにも馴染むデザインとなっています。

バッテリーは3,200mAhの高速充電を搭載しつつもスマホ本体の重量は156.2gと、iPhone Xよりも軽量です。セキュリティに関しては、X21が背面の指紋認証センサー、X21 UDが前面ディスプレイに内蔵されている指紋認証センサーとなっていています。

 

 

2-3.Vivo NEX Sの基本情報(価格・スペック)

2018年6月より発売開始された「Vivo NEX S」は、Xシリーズよりも性能が優れたスマホです。

 

▲「Vivo NEX S」の外観|vivo公式サイトより引用▲

Vivo NEX Sは、作業領域であるRAMが8GB、データ保存領域であるROMが256GBと共に容量が大きくなったハイスペックモデルのスマホです。特に、RAMが8GBを超えているため、処理が重くなるフォートナイトやPUBGといったゲームやアプリに最適です。

画面サイズに関しても、サイズが6.59インチとXシリーズよりも一回り大きくなっています。文字が小さすぎて読めない、大きい画面で動画を見たいという人には、「Vivo NEX S」はピッタリのスマホでしょう。(ちなみにiPhone Xの画面サイズは5.8インチです。)

また、バッテリーは4,000mAhと他社のスマホよりも大容量になっているため、電池もちがかなり良いスマホと言えます。

ただし、弱点としては外部メモリーであるSDカードが搭載できないので、ストレージが256GBでは足りなくったときはクラウドストレージの活用が必須です。

価格は日本円でROMが128GBのモデルは約99,500円、ROMが256GBになると約103,000円となっています。

 

2-4.Vivo Z5xの基本情報(価格・スペック)

 

Vivo Z5xの特徴は「低価格ながらスペックが十分に高い」ことです。作業領域であるRAMは4・6・8GBから選択でき、容量を大きくすれば不スク数のアプリを同時に起動していても処理速度が安定します。(※Appleの新機種である「iPhone XS Max」のRAMが4GBと比較しても、Z5xのRAM容量は大きいことが分かります。)

さらに、データ保存領域のROMも128GBと保存できる容量も十分に大きいです。マイクロSDカードも利用できるので、写真や動画をたくさん撮る場合でも安心です。

ディスプレイサイズは6.53インチ。バッテリー容量は5,000Ahとなっています。

販売価格は日本円で約22,000円から32,000円とVivoのスマホのなかでも圧倒的に安めです。

 

 

3.Vivoの口コミ・評判

実際にVivo製のスマホを利用している方からは、スマホシェア率で上位にランクインしているOPPOよりもVivoの方が良いという評判があります。

良きライバルといった立ち位置であるVivoはご紹介したXシリーズ以外にもスマホをリリースしていて、どれもユーザーのニーズをきちんと捉えた製品展開をしています。

ますます頭角を現してきているVivoは出荷台数だけでなく、シェア率においても上位にランクインする日は近いことが予想されます。

2018年の1月に販売されたX20 Plus UDから、ディスプレイに指紋認証センサーが内蔵されていて、今発売されているX21 UDでも搭載されています。指紋認証センサー内蔵は世界でもかなり先駆けの技術で、この技術が各スマホメーカーに浸透することでより狭ベゼルを実現化し精度の高いセキュリティが実現します。

最近のスマホロック解除機能は「顔認証」や「虹彩認証」が流行りとなっていますが、マスクをしていたりサングラスかけていたりすると認証されないといったことがあります(これがiPhoneXが不評である原因)。指紋認証に関しても手袋をしていれば当然認証されませんが、手袋を着用するシーンはマスクやサングラスの着用よりも限定されます(日常生活だと冬場かハンバーグを作るときぐらいしか手袋をしないですからね)。

そういった点に着目してか、Vivoは流行の認証システムを追うのではなく敢えて指紋認証機能の幅を広げることに成功しています。

世界シェアで見ると、日本のスマホメーカーよりも中国メーカーや韓国メーカーが圧倒的上位にランクインしています。その中でも、Vivoは今後さらに期待される企業です。

中国製品や韓国製品というと難色を示す日本人が多くいますが、既にそうした偏見は前時代的な考え方です。数字でも明らかなように、スマホ産業においてVivoを初めとする中国メーカーが支持を得る時代に突入しています。

ドコモやauやソフトバンクといったキャリアでも、中韓メーカーのスマホを取り扱うようになってきていることからも、Vivo等の海外製品が優れていることが分かります。

 

4.どこで購入できる?日本進出は?キャリアや格安SIMでは使える?

Vivo製のスマホは、今のところまだ日本の家電量販店やキャリアや格安SIM事業者では購入できないのが現状です。

購入するには、個人輸入をするか海外旅行に行った際にVivoスマホの取扱店に足を運ぶしかありません。日本に輸入販売店はありますが購入できない機種があるので、欲しいスマホによっては海外での購入が必須になってしまいます。

ですが、上述したようにサッカーワールドカップのスポンサーになれるほど企業としての体力があるVivoが日本に進出するのは時間の問題です。兄弟会社のOPPOも日本に進出していますからね。

GoogleがHUAWEIとの取引を停止した影響で、VivoやOPPOの需要はより高まると考えられます。シェア率で上位にランクインしている各社が日本に上陸しつつあるように、Vivoも近い将来日本に上陸することは間違いないでしょう。

また、Vivoスマホ本体が対応している通信バンドも複数あるため、キャリアSIMや格安SIMを挿入して状況に応じて通信可能なSIMカードを使うといったことも出来ます。ですが、まだ正式に日本上陸を果たしていないので、SIMカード提供事業者も動作確認を取ることが出来ていないため、日本で提供されているSIMカードを挿入してVivoスマホが正常に通信を行ってくれるといった保証はありません。

今後期待されるVivoの日本進出が叶った際は、キャリアや格安SIMのSIMカードをVivoスマホに挿入して安定した通信を行えるようになるでしょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「どんなときもWiFi」とは?【利用者の評判&メリット・デメリット】

  • 「@スマート光」とは?利用者の口コミ・評判からサービスの真相を確かめてみた

  • 「縛りなしWiFi」は最強のモバイルWi-Fiなのか?|契約期間・データ上限に縛りが無いけどデメリットは?

  • インターネット回線のみんなの評判が気になる!種類は?おすすめは?1位~20位までランキングしてみた

関連記事

  • ソフトバンクの新プラン「ウルトラギガモンスター」は50GB!しかし、スマホ料金が安くなるかどうかは使い方次第(デメリットや注意事項)

  • Xiaomi(シャオミ)っていうスマホメーカーを知ってる?評判や実績を調べてみた!

  • 【話題のスマホ】Googleから発売したPixel 3とPixel 3 XLの神スペック!iPhoneやサムスンを超えたってマジか!?

  • 中国スマホメーカー「OPPO(オッポ)」の魅力と評判を徹底解説!日本では無名だけど世界的には超人気!

  • ソフトバンクの半額サポート for iPhoneの仕組みやデメリットとは|iPhone 8/iPhone 8 Plusを最大半額で購入・機種変更できる!

  • 海外でスマホをどう使う?そのまま使うと料金がバカ高いぞ!Wi-Fiルーターの利用が一般的だが色々と比較してみた