1. TOP
  2. 格安sim
  3. 【UQモバイル、だぞっ】料金プランと評判をまとめたぞっ|au系列の格安SIM・デメリット

【UQモバイル、だぞっ】料金プランと評判をまとめたぞっ|au系列の格安SIM・デメリット

 2015/12/15 格安sim
この記事は約 9 分で読めます。

【最終更新日2018年6月5日】au系列のUQモバイルは無料通話とデータ使用のバランスが良い料金プランが人気です。今までドコモのスマホを使ってきた人にとってはau回線がどの程度の速度が出るのか不安かもしれません。しかし、いざ使ってみると速度も料金も快適に使えると実感できるはずです。その証拠に、「お客様満足度90%」「格安SIMアワードで最優秀賞の獲得」などが挙げられます。

当記事では、利用者の評判や料金プラン、デメリットなどUQモバイルの関する情報をまとめているので参考にしてください。

格安SIM「UQモバイル」の概要

ガチャピンとムックがイメージキャラクターとして有名ですが、最近では深田恭子さん・多部未華子さん・永野芽郁(ながのめい)さんの“三姉妹”が演じるCMも人気ですね。UQモバイルはKDDI子会社のUQコミュニケーションズ株式会社が運営しており、格安SIM事業以外にはUQ WiMAX(Wi-Fiルーター)事業があります。

回線はもちろん、au回線を利用しています。ドコモ&auの両方に対応する格安SIMはマイネオやフリーテル等がありますが、au回線専門の格安SIMはUQモバイルだけ。1番の特徴は何と言っても、無料通話とデータ使用量がお得に使える「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」。料金プランが分かりやすく、月額1,980円から申込めるので非常にお得だと評判も高いです(詳しくは後述しています)。

 

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランは大きく分けて2です。1つは「おしゃべりプラン」で、もう1つは「ぴったりプラン」です。どちらとも評判が良いプランですが、両社の違いをしっかりと認識しておきましょう。

おしゃべりプランもぴったりプランも料金は同じです。

 

「おしゃべりプラン」は5分かけ放題が何度でもOK

おしゃべりプランは5分以内の通話なら何度でも無料のサービスが月額1,980円から利用できます。1回の通話時間が少ないけど、電話をかける回数が多い人にオススメのプランです。

また、データ容量は、2GB(プランS)・6GB(プランM)・14GB(プランL)の3つから選べます。料金は1,980円・2,980円・4,980円です。今のところ一番人気なのは6GB(プランM)です。

 

「ぴったりプラン」は60分間以上の無料通話付き

ぴったりプランは、ひと月あたりの無料通話が付いているプランです。一回当たりの通話時間に制限はありませんので、長時間の電話が多い人にオススメ。

2GB(プランS)だと月額1,980円で無料通話60分。6GB(プランM)では月額2,980円で無料通話120分。14GB(プランL)は月額料金4,980円で無料通話180分です。

おしゃべりプランもぴったりプランもともに人気・評判があり、UQモバイル申込みが急増しています。「電話はたくさんは使わないけど少しだけ使う」「データ容量も安心して残しておきたい」等のような多くの人に当てはまる条件が揃っているのが人気の理由です。

>>おしゃべりプラン&ぴったりプランの詳細はこちら

 

通常の料金プラン

料金プラン 月額料金
①データ高速プラン 980円
②データ高速+音声通話プラン 1,680円
③データ無制限プラン 1,980円
④データ無制限+音声通話プラン 2,680円

※データ高速プランは3GB

UQモバイルはデータ無制限のプランがあります。料金も低く設定されているので、一部のユーザーから評判を得ています。

 

解約・違約金・最低利用期間について

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の場合は、課金開始日を含む月を1か月目として、25か月間が契約期間になります(更新月は25か月目の翌月)。更新月に解約しない場合、更に24か月間を契約期間とする自動更新になります。更新月以外の解約は、違約金(契約解除料)9,500円がかかります。

通常のプランの「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」の場合は、最低利用期間(12か月間)があり、この期間内の解約では違約金(契約解除料)9,500円がかかります。12か月を過ぎると、いつ解約しても違約金などは発生しません。

そして、「データ通信のみのプラン」の場合は、最低利用期間や契約期間が無いので、いつ解約しても違約金等などは発生しません。

 

UQモバイルのキャンペーン情報

UQモバイルでは、現在お得なキャンペーンが実施されているので紹介します。UQモバイルを契約する際に、正規代理店の「株式会社NNコミュニケーションズ」から申し込みをすると、公式サイトで行われているキャンペーンに加えて、株式会社NNコミュニケーションズ独自のキャンペーンがあります。

 

キャッシュバックキャンペーン(NNコミュニケーションズ限定)


NNコミュニケーションズの公式サイトから「おしゃべりプランS/M/L」または「ぴったりプランS/M/L」のいずれかに申し込むと、課金開始月の4カ月後に6,000円キャッシュバック

開通した月を1カ月目として、4カ月目の20日~月末の間にキャッシュバック受取方法について、UQコミュニケーションズより申し込み時に登録したメールアドレス宛に「ご案内メール」が届きます。案内に沿って受け取り口座登録完了後、3営業日以内に指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

 

データ容量最大2倍!2年間無料キャンペーン(2018/2/20〜終了未定)

機種変更した月までに増量オプションを申し込むと、オプション料金(月額500円)が最大25カ月間無料。さらに、ぴったりプランS/M/Lに契約でデータ容量が最大2倍。おしゃべりプランS/M/Lを契約で無料通話料最大2倍になるキャンペーンを実施中。

 

紹介UQ(~2018/9/10)

現在UQモバイルを契約中の方が、家族や友達、知人を一人紹介すると一カ月分の月額料金が無料になります。最大10人まで紹介できるため、最大10カ月まで利用料金が無料です。

もちろん、紹介された方も1カ月間、月額料金が無料になります。

キャンペーン申込みの流れとしては、

  1. 紹介者は紹介IDを発行。発行は「紹介ID発行サイト」で氏名、電話番号、生年月日などの必要事項を入力する。
  2. 紹介IDが発行できたら、紹介する人にIDを教える。
  3. 紹介された人はWebサイトもしくは店頭で契約を行う際に、紹介IDを入力する

となっています。キャンペーンが適用されるタイミングは、10月の利用料金からです。

ただし、紹介する人と紹介される人の契約日が同じ場合は対象外となるので注意しておきましょう。(※例外:契約日が同じでも、UQ家族割を適用する場合はキャンペーンの対象となります。)

 

「Try UQ mobile」プレゼントキャンペーン(~2018/8/31)

「Try UQ mobile」とは、契約前のお試し期間ということで、UQモバイルを15日間無料で利用できるサービスのことです。

このお試し期間中では、スマホの操作性や通信速度、データ容量の使用頻度などを確認することができます。格安SIMを初めて使うことに不安な方は、契約の前に利用してみて判断すると良いでしょう。

しかも、2018年8月末までの期間中に「Try UQ mobile」を申込んだ1,000名限定でハーゲンダッツのミニカップ1個がプレゼントされます。(※プレゼントは抽選で当たる。)

キャンペーンのエントリーは、「Try UQ mobile」に申込んだ時点で自動的に適用されます。

>>UQモバイルのキャンペーンサイトはこちらから

 

UQモバイルの通信速度

15138c3836e27c23d5e0423e21f98d0e_s

UQモバイルの速度は下り最大150Mbps、上り最大25Mbpsです。格安SIMの他社と比較すると平均よりやや上ぐらいです。また、契約しているデータ容量を超えてしまうと、200kbpsまで速度が制限されてしまいます。※ぴったりプランとたっぷりプランの場合は300kbps。

データ無制限プランの場合、通常の最高速度は500kbpsですが、直近3日間でデータ利用が6GBを超えると速度制限がかります。この場合の速度は混雑状況により変動するので公表はされていません。


UQモバイルの速度に関する評判ですが、上記のような内容が多いです。

 

UQモバイルのメリット&デメリット

UQモバイルには多くの特徴・メリットがありますが、その一方でデメリットも存在します。

 

メリット

格安SIMで不安な要素のひとつである「サポート」。安くスマホを使用できる反面、購入後のサポートは各社とも手薄になりがちです。しかし、なかにはwebサイトからチャットで質問できる業者もあります。

チャットとはオンラインの文字のやり取りでオペレーターと文書のやり取りをできる機能で、電話のように通話料金が発生したりすることはありません。

また、手軽に質問できるのが最大の魅力。混雑している時間帯に送信すると、返事が返ってくるのが数分待つかもしれませんが非常に便利な機能です。

 

デメリット

UQモバイルのデメリットは、格安SIM業界全体に共通することが多く、特筆して挙げるデメリットはありません。例えば、支払いがクレジットカードにしか対応していない。クレジットカードを持っていない人は支払いができないので、申し込むことができません。また、UQモバイルは選べるデータプランが少ないのもデメリットです。

デメリットとは少し異なりますが、エディオンやケーズデンキ、ビックカメラなどでも申込むことができます。このことだけ見ればメリットなのですが、家電量販店で申し込むとキャンペーンの魅力が半減したり、そもそもキャンペーンが無かったりします。便利そうな家電量販店ですが、申し込みはwebサイト経由がお得です。

>>UQモバイルのキャンペーンサイトはこちらから

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

格安sim担当

格安sim担当

格安sim関係の記事を編集しています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • LINEモバイルで格安SIMを申込んでみた(APN・初期設定・HUAWEI nova lite)

  • 格安SIM主要7社のカウントフリー徹底比較!LINE・YouTube・対象外のサービスなど

  • かけ放題が可能な格安SIMをガッツリ比較!定額通話で節約しよう♪

  • 格安SIMイオンモバイルの評判は良いのか?料金・速度・デメリットなど全体的に調べてみた|キャンペーン情報も

関連記事

  • 四国電力系列の格安SIM「Fiimo(フィーモ)」の評判を調査してみた|料金は安いけど速度が遅いって本当なの?

  • LINEモバイルを徹底解説!利用者の評判を調査して分かったメリット・デメリットとは

  • 【爆安スマホ】DMM mobileの評判を調べてみた|料金・キャンペーン・デメリットなど

  • インターリンクの格安SIMは固定IPが使えるけど、それ以外で選ぶメリットはあるのか?

  • 【人気の格安SIM】IIJmio(みおふぉん)の評判と特徴をガッツリ調べてみた!

  • 通信速度が遅い…。FREETEL(フリーテル)を実際に使ってみて分かった7つの感想|格安SIMレビュー