1. TOP
  2. 格安sim
  3. 【ソフトバンク初の格安SIM】Hitスマホの実力とは?料金や評判、メリット・デメリットなど

【ソフトバンク初の格安SIM】Hitスマホの実力とは?料金や評判、メリット・デメリットなど

 2017/08/07 格安sim
この記事は約 6 分で読めます。

Hitスマホは、岐阜県に本社を構える飛騨高山ケーブルネットワークが運営していて、ソフトバンク回線を初めて利用した格安SIMです。

「どのようなサービスを提供しているのか」「料金は安いのか」などなど気になる点も多いので、料金や評判、メリット・デメリットなどを詳しく紹介します。

Hitスマホのメリット・デメリット

Hitスマホは、2016年8月22日にサービスを開始しました。

今まで格安SIMはドコモとauしかありませんでしたが、満を持しての登場ということになります。しかし、このHitスマホには決定的な弱点(デメリット)がいくつかあるので、まずはそちらを紹介していきます。

 

デメリットその①Hit net TV!サービス提供エリア外は契約できない

Hit net TV!とは、飛騨高山ケーブルネットワークが提供しているインターネットサービスで、提供エリア外の人はHitスマホを契約することができません。せっかくソフトバンク回線が使えるのに、契約できる人が限られています。

※サービス提供エリアは、
高山地域、高山地域外(久々野町・朝日町・荘川町・上宝町・丹生川町・高根町・清見町・国府町・一之宮町)、飛騨市、白川村となります。

 

デメリットその②購入できるスマホ端末が少ない

Hitスマホは、セットで購入できるスマホ端末が少ないです。

  • ARROWS M04
  • FREETEL Priori 4
  • HUAWEI nova lite

ARROWSやFREETELよりは、HUAWEIのスマホが人気でしたが、現時点では残念ながら上記の1種類しか取り扱いがありません。

しかし、Micro、nano、基準の各USIMカード対応しているので、SIMフリー端末であれば利用可能です。

 

デメリットその③料金プランが3種類のみ

契約データプランが、「データ専用SIM」と「音声通話SIM」ともに

  • 3GB
  • 5GB
  • 10GB

の3つのみ。シンプルでわかりやすいプランですが、最近では大容量プランや無制限で使い放題の格安SIMもあるので、Hitスマホのプランは少ないです。

 

メリットその①ユーザーだと少し安くなる

Hitスマホは、飛騨高山ケーブルネットワークの利用者であれば月額料金が毎月400円引きになります。

例えば、月額1,980円(3GB+音声通話)のプランだと400円引いて、1,580円で利用できるので、年間4,800円お得になります。

 

メリットその②ソフトバンク回線を利用している

冒頭でも述べていますが、Hitスマホはソフトバンク回線を使用しているので全国どこでも利用できます。回線によって速度に大差は出ませんが、ソフトバンク歴が長い人にとっては申込みやすいかもしれません。

 

Hitスマホはいくら?料金など


Hitスマホの料金プランやオプションサービス、違約金などについて見ていきましょう。

 

料金プラン一覧

Hitスマホには「データのみSIM」と「音声通話SIM」の2つのタイプがあります。

データのみ データ+音声通話
Hit net TV! 未加入者 加入者 未加入者 加入者
3GB 1,680円 1,280円 1,980円 1,580円
5GB 2,280円 1,880円 2,380円円 1,980円
10GB 3,280円 2,880円 3,380円 2,980円

それぞれ、飛騨高山ケーブルテレビ利用者であれば、400円割引されます。

 

5分かけ放題オプション

5分以内の国内通話であれば毎月かけ放題が可能な人気のオプションですが、料金は1,200円/月です。※音声通話SIMのみのオプション。

 

違約金や初期費用など

最低利用期間(12か月)に解約すると、違約金として1万円が請求されます。期間を過ぎると違約金はかかりませんが、解約手数料として2千円がかかります。

初期費用は一律3千円です。

 

Hitスマホ利用者の評判をチェック

Hitスマホはリリース時には「ソフトバンク初のMVNO」ということで話題になりましたが、サービスが開始してからの評判はそれほど高くはありません。やはり、料金プランやオプションの少なさといったサービスの幅が狭いことが原因のようです。

 

 

まとめ

飛騨高山ケーブルネットワークが運営するHitスマホは、料金プランが少なく、目立った特徴はありません。かけ放題のオプションもありますが、他社に比べると料金は高めです。利用者の評判も良いというわけではありません。

今後、通話料が安くなったり、このエリアの緊急災害情報がスムーズに取得できるオリジナルアプリができる予定のようです。

格安SIMの数は多いので、「自分に向いているのはどれだろう?」と悩んでしまうかもしれませんが、主要な格安SIMは大体決まっています。下記の関連記事を参考してみると、意外と候補は絞られますよ。

 

2018年現在、人気上位をキープし続けている格安SIMは「LINEモバイル」です。料金はもちろん安く、その上に速度もばっちり安定しているので評判が良いです。また、カウントフリーの機能などが付けられるので使い勝手は抜群です。

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • eSIMって何?「次世代の格安SIM」と呼ばれる理由。海外でも可・WiFiルーターとしても可・対応スマホ

  • auひかり代理店のフルコミットのキャンペーンってどう?評判もチェックしてみよう!

  • 中華スマホのVivo(ビボ)はアジアで爆売れ中。日本ではどこで買える?評判リサーチ

  • 25歳以下が対象!ドコモの「学割2018」を詳しく解説!

関連記事

  • 【UQモバイル、だぞっ】料金プランと評判をまとめたぞっ|au系列の格安SIM・デメリット

  • IIJmioの評判を調査してみた件|安い料金とキャンペーンが充実してるのが魅力的

  • 【総集編】デビットカードで支払いできる格安SIMまとめ

  • 【利用者数No,1】OCNモバイルONEを徹底解剖してみた|速度・料金・評判

  • スマホ世界第3位のHUAWEI(ファーウェイ)はコスパ最強!タブレットも評判が良い!

  • 【au・ドコモに対応】BBIQスマホの口コミ・評判をダイジェストで掲載中!料金・速度など