1. TOP
  2. スマモバの評判まとめ|料金・速度・キャンペーンを掲載中♪ソフトバンク回線の格安SIM

スマモバの評判まとめ|料金・速度・キャンペーンを掲載中♪ソフトバンク回線の格安SIM

スマモバはドコモ回線を使っている格安SIMですが、最近になってソフトバンク回線でも利用できるようになりました。また、LTE使い放題プランや色んな料金プランから選べるのが特徴的な格安SIMです。

しかし、スマモバは注意点が多く、契約前によく確認しなければいけません。

この記事では、スマモバの評判や契約内容について詳しく解説します。

スマモバのサービス概要・運営会社など

▲画像はスマモバ公式サイトより引用▲

スマートモバイルコミュニケーションズが手がけるスマモバは格安SIMを展開するMVNOで、ポケットWi-Fiは格安SIMとルーターのセットとなっています。※格安SIMだけの申込みも可能。

スマモバはイオンやエディオンなどでも契約できる出店のような店舗があります。ネット契約よりもケータイショップなどを中心に展開しているMVNOです。

スマートモバイルコミュニケーションズは、平成19年に設立された新しい会社です。

またスマモバは、池田エライザさん・吉木りささん等、有名な芸能人をイメージキャラクターにして若者向けにアピールすることが多いですね。

 

 

スマモバの評判

まずは、スマモバ利用者からの評判を解説します。スマモバは、ポケットWi-Fiの中でも不評な意見が多いことが特徴です。しっかりと不評の理由をチェックし、契約して大丈夫かどうかを見極めましょう。

 

通信速度が遅い


制限の有無に関わらず速度がとにかく遅いという評判が多かったが、最近では改善されたとも言われています。

スマモバの不評の理由はいろいろですが、まず重要なのは速度の遅さでしょう。スマモバは、せいぜい下り1〜3Mbpsしかでないという意見が一昔前によく見受けられました。

ただし2017年半ば頃からは、5〜10Mbps程度出るように改善されたという意見が増えてきていますね。使っているエリアや建物の構造にも電波の入りやすさは異なるので、一概に遅い・速いとは言いにくい問題でもあります。

 

 

2年契約と見せかけて3年契約しなければ高額な違約金があるのが不評


スマモバのSIMは、2年以内に解約すると9,800円の違約金がかかる仕様です。ここまででも格安SIMの仕様としては厳しめなのですが、問題はここからです。

ポケットWi-Fiで契約する場合ですが、実はスマモバのルーターは1,500円の36回払いです。ここに毎月1,000円割引が適用され、本体価格は月額500円となっています。つまり2年間契約を続けて解約すると、割引なしで残り1,500×12=18,000円を支払うことになります。

この仕様は分かりづらく、不評ですね。ルーターの契約期間とSIMカードの契約期間が違うのは、あまりにもユーザーに不親切だと思います。

 

 

総務省から行政指導されるほど消費者トラブルが多い


スマモバに総務省から行政指導が入ったことがあります。行政指導が入った原因は色々ですが、解約に関する内容が主な原因です。「解約したけど、翌月も翌々月も月額料金が引かれてる」「解約したいけど、電話がつながらず解約できない」といった内容です。

行政指導が入ってから一時期は新規申込みをストップすることもありましたが、今ではしっかりと対応してくれているようです。

 

 

料金プランが多く、色んな人のニーズに合う


悪い評判は多いですが、中には好意的に捉える意見もあります。スマモバは使う人(場所や環境)によって、速度が安定していたり、使いやすかったりします。

「場所によって速度が違う」というのは、すべての通信機器に共通することですのでスマモバだけ特に速かったり遅かったりということはありません。

また、スマモバには「LTE使い放題プラン」のほかにも「25GBプラン」や「1GBプラン」など、多彩な料金プランから選択することが可能です。

 

 

WEBから申込みできない(場合が多い)

スマモバは申込みに関して、やや複雑というか手間がかかります。というのも、一般的に格安SIMはWEBでの申込みができますが、スマモバでは「音声SIM」に関しては契約できません。

また、音声SIMはSIMカード単体での販売はしていないので、スマホ端末とセットで購入しなければなりません。また、その場合は店頭での契約になります。

 

 

スマモバの料金は?(月額料金・解約金)

続いて、スマモバの料金について解説します。

初期費用はキャンペーン中なら無料ですが、基本的には3,000円です。初期費用を割引できる格安SIMはなかなか無いので、これはちょっと嬉しいですね。

 

 

ポケットWi-FiのLTE使い放題プランは3,980円(富士ソフト +F FS030W)

持ち運びできるポケットWi-Fi(富士ソフト +F FS030W)の場合、月額料金は3,480円+ルーター月額500円で3,980円です。

スマモバはポケットWi-Fiや格安SIMを展開しているわけですが、端末によって契約できるプランが限られています(以下、参照)

  • LTE使い放題…月額料金3480円
  • プレミアムプラン…月額料金2,980円
  • ナイトプラン…2,480円
  • 25GBプラン…3,980円
  • 5GBプラン…3,480円

 

上記の表示している料金は、契約して36か月までの料金です。37か月目以降は500円~1,000円ほど安くなります。

 

 

格安SIMのLTE使い放題プランは3,480円

音声通話付きのLTE使い放題プランを3,480円で利用することができますが、現在では申込めない可能性もあるようです。※WEB申込みはしておらず、店頭での申込みだけになります。

 

 

スマモバは実質3年縛り。違約金は9,800円

違約金は9800円、3年目からは解約金がかからないが端末が36回払いなので3年間は実質解約金がある

スマモバの違約金は9800円で、2年以内の解約だとこの金額を支払うことになります。ただしポケットWi-Fiなどとは違い、それ以降は解約金が発生しません。

ただし、ルーターの月額料金が残っている関係上、完全に無料で解約するにはもう12ヶ月必要となります。

 

 

スマモバの最大速度や繋がりやすさ

ここからはスマモバの通信速度の状況について解説します。

 

速度は遅いと言われていた

かつてはとにかく低速だったスマモバですが、今は5〜10Mbpsくらい出ると言われていますね。

ただし速度制限にかかると200kbpsになるので、要注意です。さらにドコモ回線の格安SIMであるスマモバは、お昼や夜に速度が遅くなります。

本当に遅いと1Mbpsもでないことがあるので、要注意ですね。速度については、あまり期待しない方が良いでしょう。

 

 

ドコモ回線であるため、繋がりやすさ自体は問題ない

繋がりやすさについては、ドコモ回線なので問題ありません。ただし速度が低下する関係で、繋がったところで使いやすくはないことが多いですね。

 

 

ソフトバンク回線も利用できるが用途は限られる

▲画像はスマモバ公式サイトより引用▲

ソフトバンクで契約したiPhoneが対象の「スマモバ(S) iPhone」はデータ通信プランです。音声通話のプランはありません。

iPhone専用SIM(データ専用)
スマモバ(S)iPhone 月額料金
1GB 1,580円
3GB 2,480円
7GB 3,980円
30GB 5,480円

サイトには「壊れていても使える」との表記があるので、修理してからまた使えるようになるということでしょう。

iPhone6以前のSIMロック解除できない機種でも使えるようになるのは嬉しいですが、音声通話も必要な人には物足りない内容になっています。

スマモバではないのですが、b-mobileがソフトバンク回線でも使えるようになったので、もしソフトバンクで契約したスマホ(iPhone)を持っていれば、こちらで検討してみるのもアリですね。

 

キャンペーンに関して

最後にスマモバで行われているキャンペーンについて解説します。以前までは、スマモバで契約事務手数料無料キャンペーンが行われていますが、現在では終了しているようです。

それ以外には「10分かけ放題プラン」に加入することで、月額850円分が初月は無料というキャンペーンぐらいしかありません。

時期によっては、新たにキャンペーンが出てくるかもしれないのでチェックしておきましょう。

 

 

まとめ

スマモバはかつて速度の評判が悪かったのですが、最近は速度についてはそれほど悪い評判を聞かなくなってきています。

しかし、格安SIMの音声通話SIMが契約できなかったり、ソフトバンクのスマホに関しても音声タイプが無かったり、ユーザー目線があまり感じられないという弱点がありますね。契約を検討している方は、じっくり考えた方が良いでしょう。

【参考サイト:スマモバ公式サイト

 

\ SNSでシェアしよう! /

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

インターネット回線について、何がおすすめか編集しているライターです。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 実際にビッグローブ光をNNコミュニケーションズから申込んでみた|ネット上で人気のNo,1代理店

  • ドコモでiPhone 8/iPhone 8 Plus向けに機種変更応援プログラムプラスが登場!

  • 通信速度が遅い…。FREETEL(フリーテル)を実際に使ってみて分かった7つの感想|格安SIMレビュー

  • ソフトバンクの半額サポート for iPhoneの仕組みやデメリットとは|iPhone 8/iPhone 8 Plusを最大半額で購入・機種変更できる!

関連記事

  • 【au・ドコモに対応】BBIQスマホの口コミ・評判をダイジェストで掲載中!料金・速度など

  • ビッグローブの格安スマホにASUS(エイスース)とモトローラの2機種が新登場!Zenは急げ!

  • 格安SIMおすすめランキング2016春|料金・通信安定性・サポートetc

  • WiMAX(ワイマックス)とは何なの?2+(2プラス)や、Wifiとの違いを図解で分かりやすく解説中!

  • 【ソフトバンク初の格安SIM】Hitスマホの実力とは?料金や評判、メリット・デメリットなど

  • GMOとくとくBBのWiMAX2+最大の特徴は高額キャッシュバック!評判やキャンペーンも